税理士試験コミュニティ ホームサイトマップ

プレッシャーを克服する

ホーム > プレッシャーを克服する

人生を賭けて、税理士試験の受験をされている方も多いはずです。
その合否によって、自分のキャリアプラン、自分の将来をも左右してしまうかもしれません。
周囲の人の期待、今まで苦労を掛けてきたという感謝の気持ちもあると思います。
そのような税理士試験において、多くの受験生が本試験において、プレッシャーを感じることでしょう。
「本番に弱い」という人がいますが、本試験で結果を出すために、今まで頑張ってきたことを考えれば、これは後悔しても後悔し切れません。
ここでは、一般的に言われている、プレッシャーを克服する方法をご紹介します。


スポンサード リンク



「あがる」原因と対策

プレッシャーとは、なぜ感じるのでしょうか?

そして、なぜ「あがる」という状態が起きるのでしょうか?

ここでは、まず、医学的に論じられていることをご紹介致します。

あがる、あがらないといった状態は、脳内物質のノルアドレナリンセロトニンの量が大きく関係していることが分かっています。

ノルアドレナリン
ノルアドレナリンとは、覚醒や興奮に大きく関係している神経伝達物質です。
不安や恐怖を感じると、多量に分泌されるという特徴を持ちます。
このノルアドレナリンは、交感神経を活性化させ、心拍数や血圧を高めるといった変化を引き起こします。
そのため、「あがった時」は、心臓の鼓動が早くなったり、汗をかくなどの変化が起こるのです。
また、あがりによってノルアドレナリンが多く分泌されると、脳内で過剰な興奮や活性が生じ、情報の混乱が起こることが、実験によって分かっています。
そのため、正常な判断力や思考力が低下し、頭の中が真っ白になるなどの状態が表れるのだと考えられています。

セロトニン
セロトニンとは、一秒間に2、3回の周期で、常に分泌されている物質です。
そして、このセロトニンは、ノルアドレナリンの分泌を抑制する働きがあります。
そのため、ノルアドレナリンによる交感神経や脳への作用が抑制され、あがりによって起こる様々な身体の変化も抑えられます。

つまり、あがりにくい人とは、セロトニンの分泌が活発であるため、ノルアドレナリンの分泌を未然に抑制するので、あがらないと考えられています。
そして、あがりやすい人とは、セロトニンの分泌量が少ないため、ノルアドレナリンが多く分泌し、その結果、あがってしまうのです。

このように、「あがる」、「あがらない」の差は、セロトニンの分泌量に原因があります。

そして、日本人は、遺伝子的に、セロトニンの分泌量が少ないと言われています。

ですから、日本人である以上、あがりやすいと認識できれば、気が楽になるかもしれません。

しかし、そうは言っても、セロトニンを調整できるのであれば、その方が良いので、以下では、一般的に言われているセロトニンの調整方法をご紹介します。

セロトニンの分泌量をふやす方法
セロトニンの原料となるタンパク質であるトリプトファンを摂取することで、セロトニンの分泌量をふやす事が出来ます。
トリプトファンは、豚肉、鳥肉、卵、牛乳などに多く含まれています。

セロトニン分泌量をコントロールする方法
(1)呼吸法
腹式呼吸で、5秒かけて息を吸い込み、次に10秒かけてゆっくり息を吐く。これを繰り返します。
(2)反復運動
咀嚼回数を多くします。
(3)身体を温める
温かい牛乳、ミルクココア、ウーロン茶などを飲んだり、温かいタオルを顔や首筋にあてるなどして、身体を温めることにより、あがりを防ぐことが出来ます。
(4)リラックス
手足をブラブラさせ、筋肉の緊張をほぐします。


ストレス対策

人はストレスを受けると、赤血球が大きくなるということが、医学的に明らかにされています。
赤血球の大きさを示すものを、「MCV(平均赤血球容積)」と言います。
正常値は、80から100flと言われています。
一般的に、MCVの数値が大きい人はプレッシャーを感じやすく、MCVが小さい人はストレスに強く本番にも強いとされています。
なお、MCVの数値が正常値から大きく外れると、貧血などの原因にもなるそうです。

したがって、MCVが正常でない場合には、正常値に近づけるように、改善する必要があります。

MCVを改善する方法
(1)鉄分、ビタミンC、Eをたっぷり含んだ、ブロッコリー、パセリ、かぼちゃ、ニラ、トマト、海苔、昆布、ピーナッツなどを摂る。
(2)早寝早起きの習慣を身に付ける。


場数を踏む

公の席で、声が震えて思うように発言できなかったという経験は誰にもあるはずです。
これは、極度のプレッシャーや緊張からくる「あがり」の状態であり、対人恐怖の一種と言えます。
あがりやすい人の性格は、真面目で努力家であり、完全主義的傾向があるため、他人に自分の醜態を見せまいとする強い動機付けが働いています。
一般に、動機づけは強ければ強いほどよい成果をもたらすと言われていますが、動機付けが強すぎるとかえって失敗してしまうことが多いです。
したがって、「あがり」を予防するには、第一に、動機付けを適切なレベルにまで下げ、リラックスすることが大切です。
また、できるだけ場数を踏み、自信を持つようにすることも大切です。
そのために、他の受験生と一緒に本試験と同じように行われる各予備校の公開模試を受験のも一つの手段ですし、本試験が行われる試験会場を下見しておくのも効果的かもしれません。


適度なプレッシャーは感じて良い

人間は、少しあがっていた方が、自分の能力を最大限に引き出すことが出来ると言われています。
すなわち、「適度なプレッシャー(心拍数80〜100程度)」の状態ならば、平常時以上に脳や肉体が活性化され、集中力が高まります。
その一方で、「過度のプレッシャー(心拍数120以上)」の状態になると、筋肉の活動が鈍り、思考能力が低下します。
したがって、プレッシャーを感じないということが難しい場合でも、適度なプレッシャーならば、それを感じ、プラスにすることができます。

スポンサード リンク




おすすめ書籍



サイト内検索

「税理士試験」関連検索
「税理士試験」に関連する検索となります。 税理士試験に関連する情報を探したい時にご利用ください。

コンテンツ一覧

ホーム
集まる
掲示板について
税理士試験情報交換・質問&回答掲示板
就職相談掲示板
早起き報告掲示板
SNSについて
税理士試験フレンズ

体験記
合格体験記募集フォーム
くーみんさんの合格体験記
ごうさんの合格体験記
makotoさんの合格体験記
ゆっけさんの合格体験記
野畑忠好さんの合格体験記
だるまさんの合格体験記
うろたんさんの合格体験記
ごろさんの合格体験記
ヨコサンさんの合格体験記

知る
税理士とは
税理士になるには
税理士試験概要
受験資格について
税理士試験の統計
試験科目について
簿記論
財務諸表論
法人税法
所得税法
相続税法
消費税法
酒税法
固定資産税
住民税
事業税
国税徴収法

選ぶ
専門学校情報
資格の大原(大原簿記学校)
資格の学校TAC
クレアール
DAI-X(ダイエックス)
LEC
大栄教育システム
東京CPA専門学校
NewtonTLTソフト
税理士関係の書籍・売れ行きランキング

調べる
学習プランを考える
選択必須科目の選び方
選択科目の選び方
各科目と簿記の関連性
日商簿記検定との関連性
近年の税理士制度の改正について
公認会計士との違い
アマゾンの売れ行きランキングamazlet.com

働く
税理士の活躍するフィールド
税理士の収入
税理士の年齢層
税理士のやりがい
独立・開業
税理士法人・会計事務所で働くには

学ぶ
税法用語の使い方
合格答案の書き方
直前期の過ごし方

覚える
税理士試験における暗記の重要性
記憶の仕組み
エビングハウスの忘却曲線
分散学習
睡眠時の記憶
冒頭効果と最新効果
休憩の効果
内容理解の効果
五感の利用法
合格者の暗記方法

起きる
早起きをしよう!

勝つ
プレッシャーを克服する

その他
リンク先ブログの更新情報
ブログパーツについて
サイトマップ
スタッフ一覧
ご利用にあたって
リンクの方法
相互リンク募集のお知らせ
プライバシーポリシー
お問い合わせ

税理士試験コミュニティ ホームへ戻る

Copyright (C) 税理士試験コミュニティ All Rights Reserved.